知らなきゃ損!VPNで海外サービスを利用しよう

Pocket

こんにちは、vista(@vista_freeです。

インターネットをよく利用する方や海外在住の方は、日本に住んでいるけど海外のウェブサービスを使用したい、海外に住んでいるけど日本のウェブサービスを利用したい、という時がありますよね。

しかし、IPアドレスが理由でアクセスをブロックされてしまうことがよくあるはずです。

そんな悩みを解決してくれるのがVPN。この記事ではVPNの仕組みや、どのように使用できるのかを解説していきます。

VPNとは

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、直訳すると仮想専用線となります。

最近では無料Wi-Fiが利用できる場所が増え、気軽にアクセスしている人も多いはずです。しかし、無料Wi-Fiを使用した場合、第三者による情報の盗み見や改ざんのリスクがあります。これによって、大事なパスワードや個人情報がばれてしまうことがあるのです。

そのような時に役に立つのがVPNです。VPN、つまり仮想専用線では、インターネット上に仮想の専用線を設けることで、安全な状態での情報のやり取りを可能にしているのです。

そしてVPNでは、通信の内容を暗号化することもできます。これによって、無料Wi-Fiを使用したとしても、個人情報の漏洩を防いでくれるのです。

VPNのメリット

VPNのメリットはセキュリティーが強化できる、ということです。すでに解説した通り、VPNでは専用線を使用するので、情報を盗まれるリスクを減らすことができます。

また、VPNに接続すると、サーバーによってIPアドレスが付与されます。これによって、個人のIPアドレスを隠すことができます。

IPアドレスを隠すことによって、相手にどこからアクセスしているのかバレれる心配がなくなるのです。

VPNのデメリット

メリットがたくさんあるVPNですが、もちろんいくつかのデメリットもあります。

まずVPNを使用した場合、通常よりも通信速度が遅くなります。ウェブの閲覧であれば問題ないですが、動画のダウンロードなどだと時間がかかってしまうこともあるでしょう。

また、VPNを使用した場合、バッテリーの消費が早くなります。特にスマートフォンから使用した場合は注意が必要です。

海外サービスが利用できる!VPNの便利な使い方

VPNを使用するとIPアドレスが付与される、ということを解説しました。サーバー側は、私たちのIPアドレスを使用して、どこの国、地域からアクセスしているかを判断することができます。

つまり、VPNでIPアドレスを変更できる=アクセスしている国、地域をごまかせる、ということになります。

VPNを提供しているサービスプロバイダーの中には、世界中のサーバーを用意しているものがあります。そして、これらを利用して海外のIPアドレスを獲得できるというわけです。

例えば、日本にいたとしてもアメリカのIPアドレスを獲得することで、アメリカからアクセスしているかのように見せることができます。

これによって、自由に海外サービスが利用できるようになるのです。

例として、Netflix(ネットフリックス)を挙げてみましょう。Netflixに日本からアクセスした場合、日本のNetflixで提供されているコンテンツのみが楽しめます。

一方で、アメリカからアクセスした場合は、アメリカで許可されているコンテンツを閲覧することができます。

日本のNetflixでは最新ハリウッド映画が見られない、ドラマが少ない、ということもありますよね。そんな時に、VPNを利用してアメリカのIPアドレスを獲得してからNetflixにアクセスすることで、アメリカ向けのコンテンツを楽しむことができるのです。

日本にいながらにしてアメリカ向けのサービスが楽しめるなんて嬉しいですよね!

Netflix以外にも、私はSpotifyやYouTubeでもVPNを使用しています。

Spotifyの場合、日本から利用すると無料で再生できる時間に制限があります。しかし、ドイツやメキシコなど海外のIPアドレスからアクセスすることで、制限なく音楽を再生できるようになります。

YouTubeに関しては、インドのIPアドレスからアクセスをすると、無料で動画をオフラインにダウンロードすることができます。

もとはセキュリティー強化のために開発されたVPNですが、このようにIPアドレスをうまく利用することで、海外サービスの楽しみ方の幅が広がるのです。

VPNの利用はバレる?

これまで解説してきた通りとても便利なVPNですが、最近ではVPNの利用に制限をかけているサイトもあります。

その場合、VPNを使用した状態だとサイトがエラーで開けない、ブロックされる、ということがあります。

また、VPNに接続した状態でサービスが利用できた場合でも、VPNを使用してることがバレていることもあります。

これまで私が経験した例が、コインチェックです。私が以前、日本のIPアドレスを使用してコインチェックにアクセスし、仮想通貨を送金しようとしたところ、カスタマーサポートから連絡がありました。

そして、送金目的が確認されると共に、IPアドレスを使用してアクセスしないよう、注意を受けました。これはコインチェックが日本在住者向けのサービスであり、海外からのサービス利用は認められていないからです。

VPNはとても便利なサービスですが、VPNを使用していることで規約違反を疑われ、サービス利用に制限をかけられたり、注意を受けたりすることもあります。

そのため、利用するサービスによっては、VPNの使用を避けたほうがいい場合もあると言うことを覚えておきましょう。

VPNのおすすめはNordVPN

最近ではVPNの需要が高まり、利用できるサービスが増えてきました。

ExpressVPN、CyberGhost、PrivateVPNなど多くのVPNがありますが、私が利用しているのが、NordVPNです。

NordVPNを選んだ理由は価格の安さです。私は2年間のプランで、89ドルを支払いました(時期によって、割引率が異なります)。1年プラン、2年プランであれば、月500円ほどで利用できるので、他のVPNと比較して手ごろな価格だといえます。

また、手ごろでありながら、59か国の5300以上のサーバーを用意し、接続速度も6,730+ Mbpsと問題ありません。さらに、1つのアカウントで6台のデバイスまで接続することが可能。

このようなコストパフォーマンスの高さから、NordVPNを選んだというわけです。私は仕事上毎日VPNを使用していますが、これまで何のトラブルもなく、快適に使用しています。

これからVPNを使用してみようという方は、ぜひNordVPNを検討してみるといいでしょう。NordVPNには30日間返金保証が付いているので、ひとまず登録し、使い心地を試してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク