日本人は英語が下手?!シンガポールにきて初めて気が付いたこと

Pocket

こんにちは、vistaです!!

今回のテーマは英語についてです!

私はシンガポールにくるまで自分の英語は下手だと思っていました。発音はうまくできないし、文章は頭の中で作ってからじゃないと発言できない。そのため、ネイティブの人と話すのにも抵抗がありましたし、ミスをするのが恥ずかしくてあまり積極的に話せずにいました。

これが、私がアメリカ留学をした際に、英語があまり伸びなかった理由です。

これに、同意する日本人の人は多くいるのではないのでしょうか?

海外にいる日本人によくあることですが、基本的に自分の英語に自信がない、という人はいませんか?

だから、外国人といる時は相槌を打つだけで、愛想笑いをして誤魔化してしまうほとんど発言ができない、というのはよくあることではないのでしょうか?実際に、アメリカにいる時の私はこのような感じて、せめて楽しそうにだけしていようと思い、いつも作り笑いをしていたのを覚えています。

ですが、シンガポールにきて、自分の英語に対する考え方が大きく変わりました。

シンガポールで会社のトレーニングを受けていた時のことです。シンガポール人がスピーカーだったのですが、

ん?なんか英語おかしくない?

と思ったんです。なぜなら、彼らはシングリッシュを話すから。ちょっと中国語交じりの特徴のある英語を話すのです。語尾に”マ”とか”ラ”とか不要なものがついているのです。

ok ラ! That is funny マ!

え?どこまで英語なの?ってくらい最初は何を言っているかわからなかったですし、彼らの英語はとてつもなく早い!!その上に、中国語っぽいリズムで話すんです。だから、トレーニングの内容は半分ほどしか理解できませんでした。

つまり、私が言いたいことは、シンングリッシュとはあまりきれいな英語ではない、ということです。実際に、イングリッシュネイティブスピーカーでも理解できないことがよくあるそうですよ。

ですが、彼らは日本人のように恥ずかしがって、発言することを恐れたりしません。

くずした英語を堂々と話すのです。

え?それでいいの?と思うかもしれませんが、私はとても重要なことだと思いました。

英語がきれいでなくても、それが彼らの話す英語、シングリッシュなのです。そして、それが一つの英語として成立しているのです。だから、自信をもって使っているのです。

そうしたら、ジャパングリッシュだって普通に使ったっていいじゃないか!!と思いませんか?

RやFの発音ができなくても、それは日本語とは発音方法が異なるから仕方がないことです。カタカナ英語になってしまっても、それが日本人の話す英語なのです。

いろいろな国籍の人がいるシンガポールでは、シングリッシュだけではなく、ヒングリッシュもよく聞きますし、ヨーロッパの人もそれぞれの国で話す英語に特徴があります。

話す英語によって、何人かを見分けるというのはよくある話です。

つまり、みんなの英語は完璧なのではなく、日本人より下手な英語を話す人もたくさんいるのです。ですが、みんな堂々と使っています!そこが彼らと私たちの大きな違いなんですよね。

ですので、ぜひジャパングリッシュを確立させてしまいましょう!それくらいの気持ちで英語を話すことが重要だと気が付きました。

ネイティブと比べてしまっては、もちろん私たちの英語は下手です。しかし、英語を第二外国語として使っている人の中で見れば、普通のレベルなのではないでしょうか?

この気づき以降私は、英語でものすごい勢いで話す人になりました。日本人独特のアクセントだらけですし、文法も間違っていることはよくあります。でも、ちゃんと伝わっています。これでいいのです。

言語の存在意義とはコミュニケーション、つまり意思の疎通です。言いたいことが伝われば、言語の役割は果たせているのです。

そう考えると、ミスを恐れて英語を話さない、ということは一気に減ると思います。それに、ミスをした場合は、言い直せばいいだけですしね!

ですので、自分の英語に自信がない、という考えはもうやめましょう!この考え一つを捨てるだけで、自分の世界がもっと広がるはずですよ!!

そして、もっともっと英語が大好きになれるはずです。

ではまた!

スポンサーリンク