1度は試したい、シンガポールスリング?オリジナルレシピを堪能しよう!

Pocket

こんにちは、vista(@vista_freeです。

シンガポールで有名なお酒というと一番最初に名前が挙がるのがシンガポールスリング。

地元の人ならば誰でも知っており、ガイドブックで見かけることも多くあるのではないでしょうか?

そこで今回は、シンガポールに来た際には1度は試しておきたいカクテル、シンガポールスリングのご紹介です。

シンガポールスリングとは

シンガポールスリングは、1915年にシンガポールで生まれたカクテルです。

当時シンガポールの高級ホテル、ラッフルズホテルは白人の社交場となっていました。しかし、女性が社交の場でお酒を飲むのはまだまだ抵抗のある時代。

そんな中、「女性が人前でも飲めるようなお酒を」とバーテンダーであった厳崇文が作ったのがシンガポールスリングだったのです。

女性向けのカクテルであることから夕日をイメージしたきれいなバラ色をしており、トロピカルカクテルの傑作、とも称されました。

また、甘く飲みやすい口当たりであることから、女性の間ではすぐに大人気に。そして、シンガポールスリングは世界へと広がって行き、現在ではどこででも楽しめるカクテルとなりました。

シンガポールスリングのレシピ

シンガポールスリングのオリジナルのレシピは以下の通りです。

  • ジン30ml
  • チェリーヒーリングリキュール15ml
  • パイナップルジュース120ml
  • ライムジュース15ml、コアントロー7.5ml、
  • ベネディクティンDom7.5ml
  • グレナディン10ml
  • アンゴスチュラビターズ少量
  • パイナップルとチェリーの飾り

御覧の通りレシピは少し複雑。

シンガポールスリングが世界に広がった際には、レシピはシンプルにアレンジされていきました。

そのため、上記のレシピのシンガポールスリングが提供されているのは、シンガポールのラッフルズホテルだけとなっています。

ラッフルズホテル、ロングバー

オリジナルのシンガポールスリングが楽しめるのは、ラッフルズホテル内にあるロングバーです。

バーの中は木材を多く使用した重厚感のあるクラシカルな空間。平日のお昼でもオリジナルのシンガポールスリングを求める多くの観光客であふれています。

シンガポールスリングは1杯31SGDと高めですが、ここではお客のほぼ100%がオーダーしています。

その他、アレンジ版スリングなども用意されているので、2杯目に試してみるのもおすすめ。

ロングバーは高級バーですが、ドレスコードがないというのがポイント。そのため、ショッピングの帰りなどに気軽に立ち寄ることができます。

ただし、Tシャツにビーチサンダルといったスタンダードなシンガポールの服装で行ってしまうととても浮いてしまうので要注意!

ロングバーでの一風変わった流儀

ロングバーではあらかじめ各テーブルに袋に入ったピーナッツが用意されています。このピーナッツは、無料かつお代わり自由

そして、ここではピーナッツの殻は床に落とすのがお決まりです。オープンから時間が立つと、床中にピーナッツの殻が落ちているという奇妙な光景に。

理由は定かではありませんが、ピーナッツの殻を下に落とすのがここでの流儀のようですので、ロングバーにいった際にはマナーを気にせずに床を汚してしまいましょう。

まとめ

オリジナルのシンガポールスリングが飲める場所として一度は行っておきたいロングバー。

確かに雰囲気はいいですが、やはり料金がお高め。そのため、地元の人は存在は知っているものの全く行かないのが現状です。

ただ由緒あるカクテルなので、観光に来た際には一度は試してみるのはいいかもしれないですね!

ロングバーの基本情報

【住所】1 Beach Rd, 189673
【電話番号】+65 6412 1230
【営業時間】19:00-00:00
【公式サイト】https://www.raffles.com/hainan/dining/long-bar/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク