シンガポールで部屋探しをする際に気をつけるポイント!!

Pocket

こんにちは、vistaです!!

これまで、シンガポールでの部屋の探し方について紹介してきました。

【現地採用向け】シンガポールでの部屋探しに便利なサイト!

シンガポールでの部屋探し!知っておきたい基本知識!

それらに続いて今回は、部屋探しをする際に気をつけるポイントを紹介します。
私が部屋探しをした際に実際に気を付けた点と住んだ後にここも重要だな、と思った点を紹介していきます。

日本とは異なる点が多くあるので、住んでから後悔しないようしっかりと確認をしておきましょう。

1.オーナーと住むかどうか

オーナーと住むか、テナント(借主)だけで住むかは割と重要です!オーナーが一緒に住んでいると、何かあったときにすぐに相談できるので便利ではあります。

ですが、いつも監視されてる感があります。部屋はきれいに使っているか、キッチンは汚していないか…

私は一番最初の部屋はオーナーと住んでいましたが、私が家にいない間に、何度も部屋に入っている形跡がありました。プライベートがないですよね…

オーナーと住んでいると、はっきりとした上下関係があるので、常に気を遣うというのが正直な感想です。

一方でテナントだけで住むと、割とみんな忙しくしていて人のことは構わないという感じです。もちろんお互い平等な立場なので、譲り合いつつ、よほどのことがない限り揉めたりすることもありません。

私は今、2人の日本人女性と住んでいますが、みんな自由にやっていてとても気楽ですよ!話すこともほとんどないですが、それくらいのほうが程よい距離感を保てていいと思います。

2.ゴキブリは出ないかどうか

私は入居する際に、これは必ず聞いていまして。というのも、シンガポールのゴキブリはとにかく大きいんです!!!そんなものに家の中で遭遇したら、もう対処できません!!

ネットで調べていると、ゴキブリは10階以上に住めば大丈夫!!みたいなことがたくさん書いてありましたが、実際にはそんなことはありません。確かに高い階に住んでれば虫は出にくくなると思いますが、低層階であってもきれいにしていればゴキブリは出ません。

私は、4階と5階に住んだことがありますが、共に家にゴキブリが出たことはありません。大事なことは、築年数と誰と住むか、というところだと思います。あまりに古い部屋だと、隙間からゴキブリが入ってきてしまいますよね。そして、もちろん汚い人と住めばその人がゴキブリを引き寄せます。

ちなみに私は一番最初にいくつかの部屋を内覧しましたが、オーナーが中華系だと家がものすごく汚いです!とにかく物が多くて、キッチンもぐちゃぐちゃ…おそらく、こういう部屋にゴキブリが出るのでしょう。

なので、内覧は一度して、部屋全体の様子を見ておくことが重要です。

また、HDBやコンドミニアムの1階にホーカーセンター(大衆食堂)がある場合は、上の階にもゴキブリが出やすいです。衛生管理がしっかりとされていないことがほとんどなので、ネズミが出ることもあるようですよ。

あと、シンガポールの家には蟻とヤモリがでます。きれいにしていても彼らは隙間から入ってくるので、これはもう仕方がないです。私ももうあきらめました。

3.マスタールームかコモンルームか

これはつまり、専用のトイレとバスルームがあるかどうか、ということですね。プライベートがほしい、他人と共有したくない、という人はマスタールームを選ぶといいでしょう。

ですが、マスタールームだと、コモンルームより100~200程度家賃が上がります。なので、家賃にどれくらいお金を使えるか、という点と相談ですよね!

そして、コモンルームに入る場合は、どんな人とシェアするのか、というのも知っておきたい情報です。きれいに使ってくれる人なのか、どれくらい家にいる人なのか、生活リズムはどうなのか等々…

使い方が汚い、シャンプーを勝手に使われる、といった話は割とよく聞きます笑 ただ、他のテナントのことは実際に住んでみないとわからないので、これは運ですよね。

4.料理はできるかどうか

多くの部屋では、キッチンの使い方に制限を設けています。部屋を探しているときに“ライトミールのみ可”と書いてある部屋がよくあります。この場合は、レンジを使ったり、お湯を沸かしたりする程度で、揚げ物などは一切できません。オーナーと住む場合は、このように割とキッチンの使い方が厳しいところが多いですね。

テナントだけだと、自由に使ってくださいね~というところもあります。ですが、実際には冷蔵庫の使えるスペースが少ししかない、食べ物を置く場所がない、などで料理をするのは難しかったりします。

5.ダストシュートがどこにあるか
img_0701

ダストシュートというのは、ゴミを捨てる場所のことです。写真を見てもらうとわかりやすいと思いますが、シンガポールではこのようなゴミ捨て場があって、基本的になんでもここに捨てます

今は写真のように各階の玄関の外にあるようですが、古いHDBなどだと、家の中のキッチンにあるところもあるようです。便利でいいじゃないか!と思いがちですが、実はここからゴキブリがたくさん出てきます。このダストシュートには、その建物の住人みんながゴミを捨てます。ですので、ダストシュートのつながっている場所はゴミの宝庫。

そして、1カ月に1回ほど、そのゴミ溜めに殺虫剤を撒くんです。そうすると、耐えられなくなったゴキブリたちは逆流。ご想像の通り、ダストシュートに戻ってくるのです。そのため、ダストシュートが家の中にある場合、開けた瞬間にゴキブリが飛び出してくることもあるようです。

恐ろしい話ですよね。ちなみに、その殺虫剤を撒いた日には、HDBの1階がゴキブリの死骸の海になっていることもあるようです。

6.光熱費が含まれているかどうか

シンガポールでは、ガス、電気、水道の公共料金のことをPUBと呼びます。家賃にこれが含まれているかどうか、というのはしっかりと確認をしましょう。

別途請求などと書いてある場合は、大体100~200ドル/月のところが多いようです。ただ、他のテナントと割って支払う場合などだと、相手が使いすぎるとかの問題も生じるかもしれないですね。また、使用量が多い場合は、オーナーから追加請求がある場合もあるようです。

あとは、ちゃんとWifiが使えるかも確認をしておきましょうね!

7.近くにスーパーやバス停があるかどうか

実際に住んでみて意外と重要だと思うのが、バス停が近くにあるかどうかです。シンガポールには便利なMRTという地下鉄が走っていますが、実際に住んでみるとあまり使いません。逆にバスのほうが行きたいところにすぐ行けるので重宝をしています。

ですので、バス停が目の前にあるととても便利です!そして、オーチャードやラッフルズプレイスあたりまで簡単にアクセスできると、遊びに行く際などもとても便利ですよ!

あとは、スーパーが近くにあるかどうかも確認をしておきましょう。シンガポールで一番庶民的なスーパーは、Fairpriceというものです。やはり、必要なものをすぐに買い出しに行けるかどうかは大事ですよ!

シンガポールのスーパーについては以下の記事で紹介しています。

どこで買い物するのがお得?シンガポールのスーパー事情!!

私が気を付けた点は、これくらいです!あとはやっぱり住んでみないとわからないものです!また、何か思いついた点があれば追記していきますね!

ではまた!

スポンサーリンク