シンガポールのMRTをマスターしよう!券売機の使い方をご紹介!

Pocket

こんにちは、vistaです!

前回はMRTに乗る際の切符の種類や基本情報について説明をしました!

安くてとってもわかりやすい!シンガポールの地下鉄(MRT)の乗り方をご紹介!

今回はそれに続いて、今回は券売機の使い方について紹介します!日本語での操作はできませんがとても単純なので、誰でも簡単に使うことができますよ!

MRTは観光や現地での生活には必須ですので、早速使いこなせるようにしましょう。

スタンダードチケット

観光客のみなさんほほとんどが購入することなるであろう、スタンダードチケットです!とっても簡単なので、買い方を覚えてしまいましょう!

初めてで少し戸惑うかもしれませんが、下の手順にそって購入してみてくださいね!

まず、券売機を見ると以上のような画面になっています。まだスタンダードチケットを持っていない場合は左のBuy Standard Ticketを選びましょう。

MRTの使用が2回目以降の場合は、すでに持っているスタンダードチケットにチャージをすることで再度乗車することができます。チャージをする場合は、何もタッチせずに券売機上部にある台の上にスタンダードチケットを置きましょう。

Buy Standard Ticketを選ぶと、駅名を選ぶ画面に進みます。上記のようにアルファベット順に駅名が表示されます。

もしくは路線図から目的地を選ぶことができるので好きな方を利用しましょう。

目的地を指定すると、そこまでの運賃が表示されます。この料金を入れると新しくスタンダードチケットが発行される、もしくはスタンダードチケットにチャージがされ、MRTに乗れるようになりますよ!

ちなみにこの画面は新しくスタンダードチケットを購入する際のものなので、料金にデポジット10セントが含まれていますね!

EZlinkのチャージの仕方


まずは券売機の台の上にEZlinkを置きます。

すると以上の画面が表示されるので、Add Value を選びましょう。Add Valueがチャージという意味で、Top Upとも表現されます。画面左に表示されているCard ValueはEZlinkの残金を表しています。

また、check card を選ぶと、利用履歴を見ることができます。

次にチャージ手段を選びます。キャッシュ、NETS、クレジットカードの3種類から選ぶことができます。

以上の画面になったらチャージしたい金額を入れましょう。最低チャージ金額は10ドルです!

使用できる紙幣は、2ドル札、5ドル札、10ドル札、50ドル札のみでおつりは返ってこないので気を付けましょう!

その他のチャージ手段

ちなみにEZlinkは、POBSかDBSのATMからももチャージすることができますこれだとわざわざ駅に行かなくて済むのでとても便利ですよ!

その際は銀行口座からそのままEZlinkにチャージをすることができます。

最後に

シンガポールの券売機は操作方法も簡単ですし、一度使ってしまえば2回目からは簡単に操作できます!カードや現金など支払い方法も自由なのでとても便利ですよね!

英語といっても難しい表現などは一切ないので、どんどん使って慣れていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク