え?これもダメなの!?知らなきゃ罰金!シンガポールの法律!

Pocket

こんにちは、vistaです!

今回はシンガポールで生活をするにあたって、知ってはおかなければならない”法律”についてお話をします。

シンガポールは、街もきれいでとても整備されているイメージがありますよね!実はそれって、法律によって細かく規制がされているからなんです!

日本では当たり前のこともシンガポールでやると、法律違反!!なんてこともよくあります。

しかも、シンガポールの罰則は厳しいことでも有名。観光客であっても厳しく罰金が適用されますし、むち打ちに処せられることも・・・

ですので、ちょっとした勘違いで、痛い目に合わないようにここでしっかりシンガポールの法律、禁止事項について学んでおきましょう。

1.ガムの持ち込み【罰金】1000ドル

え?と思うかもしれませんが、シンガポールではガムを持ち込むことが禁止されています。もちろん、シンガポールではガムも売っていません

そのため、道にガムが落ちていて踏んでしまった!ということもないのです。つまり、街をきれいに保つために、一切のガムが禁止されているということですね!

海外から友達が遊びに来ると、意外とみんな持ってきているの焦ります!!笑

急いで隠して!といって、バックにしまわせるのがもはや定番です!口臭ケアとして持ち歩きたいガムですが、シンガポールに来る際は入国前に処分をしておきましょう。

2.MRT内での飲食【罰金】最高5000ドル

MRTと呼ばれるシンガポールの地下鉄内での飲食は一切禁止です。そのため、電車の中はとってもきれいですよ!そして、悪臭漂うドリアンの持ち込みも禁止されています。

また、電車内で歩き回ったり、切符を折り曲げたりなどの行為も禁止されています。まるで子供に注意するかのようの法律ですよね!

シンガポールにてMRTを利用した際には、ひたすら礼儀正しくしておきましょう。

3.ポイ捨て【罰金】500ドル

日本でもゴミのポイ捨てはマナー違反ではありますが、シンガポールでは罰金の対象となります。

シンガポールでは至る所にゴミ箱が設置してあるので、必ずそこに捨てるようにしましょう。

4.鳥への餌やり【罰金】1000ドル

ベンチなどに座っていると思わず鳩などに餌をやりたくなってしまいますが、それも法律違反です。

子供が楽しそうに餌をやっている微笑ましい情景が見れないのはなんだかさみしい気もしますが、街をきれいに保つためには仕方がないかもしれないですね。

5.トイレの水を流さない【罰金】30ドル

なんとシンガポールではトイレの使用後に水を流さないと罰金の対象になってしまうのです。確かに外国人の多いシンガポールにおいては、トイレの使い方に関する規則は必要なのかもしれないですね。

ところで、一体誰が監視をしているのでしょう?

6.道路の横断【罰金】50ドル

シンガポールでは、横断歩道、歩道橋、地下道から50メートル以内の範囲で道路を横断すると罰金の対象になります。歩行者の安全を考えると、この法律はいいですよね!

ちなみにシンガポールのドライバーは結構運転が荒く、横断歩道がないところでは絶対に止まりませんし、歩行者にもクラクションをならしまくります!

ですので、歩行者として交通ルールはしっかり守りたいですね!

7.喫煙【罰金】500ドル~1000ドル

シンガポールでは、喫煙が許可されている場所以外での喫煙は禁止されています。

車内、タクシー、バス、電車、映画館などの公共の場では喫煙は厳しく規制されています。また、レストランも禁煙です。

シンガポールでは日本よりも喫煙ルールはずっと厳しいので、同じ感覚でいると簡単に法律違反になってしまいますよ!

8.深夜の飲酒【罰金】1000

深夜10時半から朝7時は、公共の場での飲酒が禁止されています。この時間帯はスーパーやコンビニでもアルコール類の販売は一切中止されますよ!

ただ、バーやレストランなど正式な販売許可を持っているところであれば、飲酒しても問題ありません。

9.ドラッグ【罰金】20000ドル~死刑

日本でも厳しく規制されているドラッグですが、シンガポールでは一際罪が重く、20.000ドルの罰金から最高で死刑になることもあります。

シンガポールに住んで8ヶ月、ドラックの密売などの話は全く聞きません。ですが、悪い人はどこにでもいるはずですから、海外ということを忘れずに常に気をつけるようにしましょう。

最後に

シンガポールの厳しい罰則や細かい規制を知って少し驚いているのではないでしょうか?

私もシンガポールに移住したばかりの頃は何も知らずに法律違反をしていたと思います笑 けど、知らないというのは法律違反のいいわけにはならないですよね!

シンガポールでは外国人でも厳しく規制するので、”郷に入れば郷に従え”ということでしっかり法律を遵守するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク