初めまして!海外転職を実現した20代女子!vistaです!

Pocket

みなさん、初めましてvistaと申します!現在25歳、シンガポールに住んでいる日本人女性です!!今年(2016年)から一人でシンガポールに来て、日々様々なことと葛藤をしながら懸命に生きています!

ここで生活をしていると、シンガポールに来る前に知っておきたかったな~とか、こんなに日本と違うんだ!!という、面白い発見がたくさんあります!

そこで、海外転職やシンガポールでの生活の様子を発信することで、何かしら同じように海外を目指す人の役に立てたらなと思い、今日からブログを始めました!

今回が一番最初の記事ということで、まずは簡単に自己紹介をさせてくださいね!

上記にあるように、私は現在シンガポールに住んでいます。というのも、2016年4月にシンガポールにて海外転職をしたからです。新卒で入社した会社を2年で退職をし、単身でシンガポールに来てしまったのです。

ざっと経歴を説明すると以下のような感じです。

私は大学卒業後に、2年間グラウンドスタッフとして日本の航空会社で勤務をしていました。私が希望していた通り、英語を使える環境で働けたことはとても幸せでしたし、同期にも恵まれ仕事はそれなりに楽しんでいました。

しかし、ずっとこんな思いが消えなかったのです。

「なんで私は日本にいるんだろう。」

私は大学2年生の時にアメリカに半年間留学をしました。その時が、本当に楽しかったのです。アメリカの自由な雰囲気と、毎日多くの国籍の人と交流できる日々が新鮮で、私の人生であの時以上に充実していた時はなかったと思います。

それくらい私は海外生活を気に入っていて、いつか海外にもう一度行く!と決意したのに、普通に日本の大学を卒業し、普通に日本企業に就職をしてしまったのです。もちろん海外転勤のある企業には就職しましたが、実際に海外に行けるのは入社7,8年目のベテラン社員かつ、ほんの一握りの人だけ。

そんな少ない可能性のために、20代という貴重な時間を無駄にしていいのでしょうか?

もし、7.8年後に海外に行くチャンスをもらえなかったら、その時どれだけの選択肢が残っていますか?

こんなことを考えたら、今私がやっていることは時間の無駄に思えてきたのです。本気で海外に行きたいのであれば、会社に頼らず、自分で行ってしまえばいいのです。そうすれば、好きな国を選べますし、時間を無駄にすることはありません。

ということで、私は入社1年がしたころから、必死に海外に行く手段を考え始めたのです。

海外転職、ワーキングホリデー、アメリカのJ1インターン、とにかくすべての選択肢をとことん調べました。そして、私が最終的にたどり着いたのが、シンガポール転職だったのです。この辺の流れは、また改めてお話をしたいと思います。

そして、2015年12月から転職活動を始めて、2016年4月からシンガポールに移住をしたのです。そして、現在に至ります。

シンガポールにきて早半年がたちますが、本当にいろいろなことがありました!もちろん楽しいこともつらいことも!そういった今までの、そしてこれからの経験を、みなさんの役に立つ形で発信をしていこうと思います!また、日々の生活の中で感じたことや、前職のグランドスタッフのことなども、記事にしていこうと考えています!ですので、お時間のあるときに読んで頂ければ幸いです!

ひとまず、記念すべき第一回目の記事をお読み頂きありがとうございました!これからどうぞよろしくお願いいたします!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク