やっぱり日本人医師が安心?シンガポールの歯医者事情!

Pocket

こんにちは、vistaです!

海外に住んでいると、なかなか病院に行く機会もなく、一時帰国の際に具合の悪いところだけ見てもらう程度ですよね。

しかし、歯の定期検診などはしっかりとやっておきたくはないですか?そして、少し異変を感じた時はすぐに治療をしてもらいたいですよね。

しかし、海外の病院に行くには少し勇気がいりますし、日本とシンガポールの歯医者は全然違います

そこで今回は、もしもの時に備えてシンガポールの歯医者事情について紹介していきます。

日本とシンガポールの歯医者の違い

最初にいいます。日本に比べてシンガポールの歯医者はとても高いです。虫歯一本を治療するのに600ドル、親知らずを一本抜くのに1200ドル、このようの金額は普通です。ちょっとした治療でも日本の何倍もの費用がかかります。

しかも、シンガポールでは歯医者に対して保険が適用されないのです!!そのため、上記の金額をすべて自己負担となります。

一方で、シンガポールの歯医者は治療がとても早いという特徴もあります。日本では数回に分けて治療する場合でも、シンガポールでは一回で一気にやってしまうということもよくあります。

ですので、忙しくて何度も通えないという人にはとても便利です。

日系かローカルか

次に歯医者の選び方ですが、まず、日系かローカルかを選ばなければいけません。つまり、日本人医師かシンガポール人医師か、ということです。

この両者は大きな違いがあるので、それぞれの特徴と私が利用した感想を書いていきます。

日系の特徴と感想

とにかく高いです。やはり日本人ということで、私たちのような現地在住者の利用が絶えないのでしょう。

どこに行っても、ローカルの歯医者の2倍~3倍ほどの金額が設定されています。ですので、日系の歯医者は、ほぼ駐在者向けといってもいいでしょう。現地採用だと少し敬遠をしてしまいます。

ですが、日本語で治療を受けられる、というのは大きいですよね。歯の様子などを詳しく説明してくれるので、安心して治療を受けることができますし、こちらの言いたいことも確実に伝えることができます。

日本人医師は総合病院など大規模な病院にいる場合や、シンガポールで開業している場合があります。

日本人医師の数は多いので、ネットで検索をするとすぐに見つけることができますよ!

ちなみに私が以前利用したのは、Ko Djeng Dental Centreという病院で、オーチャードの日本人医師がいる歯医者です。

私は歯に違和感を感じたので、検診に行くことにしました。検診は15分ほどの短い時間でしたが、取られた金額は150ドル。少し歯の様子を見て歯石を取ってもらっただけなのに、この金額は高いですよね!

このように日系の病院に行くと驚くような金額になるので、事前に電話などで大体の金額を聞いてから行くのがいいですよ!

ちなみに、Ko Djeng Dental Centreは高いですがとても人気の病院で、週末の予約だと3週間以上待つこともあります。先生もとても優しく治療も早かったので、人気なのもうなずけます。

もちろん患者のほとんどは日本人ですし、安心料と思えば150ドルも安いかもしれません。

ローカルの特徴と感想

ローカルは、日本にある歯医者よりは高いですが、現地の日系に比べればとても安いです。

私の周りの日本人でもローカルの歯医者に行ってる人は多くいます。むしろ、現地採用の人はほとんどがローカルを利用しています。

そして、実際の治療についてですが、英語でやり取りをしなければならないということ以外問題はないでしょう。

シンガポールの歯医者も日本人とクオリティは変わりませんし、治療方法も同じです。ですので、英語に問題がない人はローカルの歯医者を利用するといいでしょう

私は定期検診で、unity denticareを利用したことがあります。

これはシンガポールの至る所にあり、料金一覧もホームページに載っているのでとても利用しやすいです

利用した感想ですが、正直少しがっかりしました。

私は定期検診で利用したのですが、わずか5分ほどの検診で25ドルかかりました。しかも、小さな虫歯があったのですが、今は小さいから日本に帰った時に治療して、とだけ言われて終わってしまいました。なんだかとても雑に扱われたようで、本当に大丈夫かな?と思ってしまいました。

unity denticareに限らず、ローカルの歯医者に行った際は、緊急を要さない限り日本での治療をすすめられるようです。確かに、全額負担をするのであれば、一時帰国をした際に治療をした方がいいかもしれないですね。

肝心の英語に関してですが、ローカルの医師も日本人になれているようで、図などを使って丁寧に説明をしてくれました。単語もわかりやすいものを使ってくれたようで、問題なく検診を受けることができましたよ!

周囲の日本人は?

私の日本人の知り合いは、歯に異常があった際は、一時帰国をしてから治療をするという手段をら取っています。

というのも、航空券代を支払ったとしても、シンガポールで治療を受けるよりも安く済んでしまうことも多いからです。

ですので、定期検診だけシンガポールで受けて、虫歯があれば一時帰国をした時に治療するのが一般的なように思います。

※ちなみに、住民票を抜いてしまっている場合は、日本でも国民保険に加入していないことになるので、そのまま病院にいくと10割の負担になってしまいます。しかし、市区町村に寄っては短期間の滞在であっても、住民票を戻すとすぐに保険証をもらうことができます。

そのため、帰国の際だけ住民票を戻して日本を出る際に再度住民票をぬく、というのも一つの手段です。

そのようにして保険をうまく利用している海外在住者がほとんどです。しかし、この手段をなんどもやっていると、市町村から通告を受けるみたいですよ!

また、細かなルールや手続き方法は市区町村によって異なるので、詳細は自身で問い合わせるようにしてくださいね!

最後に

以上がシンガポールの歯医者事情です。金額が高いということ以外は、特に治療を受ける上では問題ないと思います。

ただ、日本のかかりつけの病院で治療してもらうのが一番安心ですし、保険に加入していればそれが一番安く済みます。

ですので、シンガポールの歯医者もうまく利用しつつ、万が一の際にはどこで治療するか、というのをある程度決めておくといいですね!

ではまた!

スポンサーリンク